ホームページとブログの違い

ブログの特徴について改めて説明すると 、その最たる 利点は、手軽かつスピーディにネッ トでの情報発信ができる点にあります。その特性から、日記や雑記のような形で利用されるケースが多いのですが、多くのユーザーの目に触れるだけに人に読まれることが意識されており、個人的なニュースを日々記述する、ニュースサイトのー形態としての意味合いも持っています。一昔、SEO対策の外部対策としてブログからの被リンクが盛んにおこなわれました。
そして、 一般のホームページとブログとの大きな遣いは、情報を扱う単位です。一般のホ ームページでは、情報をページ単位で扱うのに対し、ブログでは記事単位で情報を扱います。その遣いは、アクセスアップの手法にも現れてくるのです。SEO対策でのブログからの被リンクも少しは効果があります。

ブログはコミュニケーション機能が充実していることも挙げられます。通常の日記システムとは異なり、各記事ごとにコメントをつける機能が標準で用意されていたり、他のブログにトラ ックバックを送れるなど、読者や他のウェブログ管理者と気軽 にコミュニケーションが取れる仕組みになっています。管理や更新も容易なことが、ホームページ普及に役立ったブログは掲示板システムなどと同様に、ブラウザを用いてウェブ上で更新できます。このおかげで、 HTMLファイルを記述してアップロード するよりも、ずっと簡単に更新が可能です。そもそもHTMLなどの知識がなくても自分のページを持ち、更新を行えるのが、ブログの最も大きなメリットと言えるでしょう。 このような特徴を持つブログが広まったおかげで、「ホームページを持つ」ための技術的な敷居を大きく引き下げて、多くの人が簡単に自分の意見や情報をインターネットで公開できるようになりました。

さらにホームページの更新が容易だと、日々更新を継続することも負 担なくできます。更新の煩雑さから、なかなかホームページの更新を行 うことができない、という悩みを持っている人にとっても、ブログはぴ ったりなシステムだということができます。SEO対策の外部対策としての存在価値もあります。