WEB広告の変容とともに

これまでのSEO対策やリスティング広告などのWEB広告は、「キーワード」を選定したなかでのプロモーション活動が行われることがほとんどでありましたが、広告システムの自動化にともない「キーワード」に依存しないWEB広告の活動が取り上げられるようになりはじめたようです。

これまではユーザーが入力する検索語句と広告主が設定する「キーワード」を照合することによって、お互いにニーズの高い情報を広告として掲載しておりましたが、ユーザーと広告主を結び付ける関連性を「キーワード」から、「アセット」に変更することで、

キーワドには左右されずに広告主が構築するWEBサイトの内容によってユーザーを引き寄せる手法が活用されはじめたようです。