Webはクライアントとサーバで対話

Webサイトの閲覧ではWebブラウザが必ず必要となってきます。これはWebの基本構成とされるクライアントと呼ばれる利用者端末とWebサーバーという機器との間でHTMLという言語を使って行われているために他なりません。ブラウザにはいくつか種類があり、選定は利用者が行うことができます。以前はOSの開発会社であるマイクロソフト社のインターネット・エクスプローラー(最近はエッジに移行中)とアップル社のサファリなど使うパソコンである程度限定されていましたが、現在はGoogleのブラウザGoogle Chromeが主流と言われています。Google Chromeは別途インストールが必要ですが、そう手間もかからないので早めに入れておきましょう。