コメント処理

HTML文書では、〈!—と—〉の間にある部分がコメントととして扱われることになるようです。と言ってもブラウザ上への表示はされないため、編集する際などにメモをしたり、一時的に文書の一部を見えなくしたり、タグを使えなくしてしまったりしたい場合などに便利と言えるでしょう。開始する部分である「〈!」と、終了部分である「—〉」との間にはスペースなどは入れたりせず、そのまま続けてコメントを記述しなければならないようです。さらに、コメント内に連続してハイフンを入力するのも避けるべきと言えるでしょう。ただし、終了部分の「–」と「〉」の間にはスペースを入れても問題ないとされています。また、こう言ったタグとして利用されている特殊な文字や、キーボード上では入力が難しい記号などをブラウザ上に表示したいと言ったことも、ホームページ作成の中で出てくるのではないでしょうか。このような特殊文字といったものを表示するには、「文字参照」と呼ばれる方法を用いることになるようです。この方法は「&」から「;」までの書式で表示可能となっており、「å」というように、その記号の間に文字番号を入力して使用する「数値文字参照」と呼ばれる方法と、「<」というように、キーワードを入力して使用する「文字実体参照」と呼ばれる方法があるようです。文字実体参照で使用されるキーワードは、大文字と小文字を区別しなければならないほか、実際にブラウザで表示できるかどうかといった点は、閲覧者側の環境によって異なるとされているようです。どちらを使用するか迷っているのであれば、より確実性を得られる方を選択することが望ましいのではないでしょうか。