WordPressの設定

ホームページを作るとき、WordPressで作成するというのもひとつの方法です。HTMLやCSSなどの知識がない人でも簡単にホームページを作ることができ、ブログ機能があるために長期的な更新をしていけるということも特徴です。アクセスされるためのホームページを簡単に作りたいという場合には、WordPressが非常にオススメと言えるでしょう。では実際にどう作り始めるかというと、初めにいくつかの手順を進める必要があります。まず、レンタルサーバーに契約します。レンタルサーバーはさまざまな種類がありますが、初心者の場合は電話サポートがあるものを選んでおけば安心です。個人向け、法人向けの二種類があります。次にサーバーのコントロールパネルにログインして、細かい設定を進めていきます。サーバーごとに手順は異なっていきますが、次にデータベースを作成するのが一般的です。ここまでで、土台ができたという状態になるので、WordPressのインストールを行います。自動インストール、手動インストールのどちらから行っても構いません。手動インストールでは、WordPressの本体ファイル、レンタルサーバー・データベース、FTPソフトがそれぞれ必要になるので、注意が必要です。WordPressの本体ファイルは、WordPressの公式サイトからダウンロードをすることができます。続いてWordPressのファイルをレンタルサーバーにアップロードの上、WordPressの設定作業を済ませます。最後に独自ドメインの設定をすれば、大まかな設定は完了となります。手順が多くて難しいと感じるかもしれませんが、流れさえ理解しておけばあとは進めていくだけです。あくまで大まかな初期設定となるので、セキュリティ設定も別途できちんと行っておく必要があるので注意が必要です。