任せて安心?

RPA導入後、業務の自動化が行われるからといって、必ず「効率化」が約束されたというわけではないということを覚悟しておく必要があるでしょう。「導入」「開発」「運用」「管理」といった一連の流れの中に一つでも不具合が起きてしまうと、予想を大きく裏切られる事態に陥ってしまうほか、さらなる不具合を起こしてしまう原因となってしまう可能性もあるということを知っておくべきなのではないでしょうか。導入や開発などにおける注意点としては、自動化を希望している作業をあらかじめ理解しておくということではないでしょうか。しっかり把握していない状況でワークフロー整理も疎かにしたままRPAツールを洗濯してしまうというのはとても危険な行為であると言えるでしょう。各RPAツールというのは、それぞれの会社の発展背景というものが違うということもあり、得意分野というものがあったり、開発時点で癖などが見え隠れするものもあるようです。対応力の高そうなツールを選んだとしても、活用できる人材がいない場合、業務に合ったロボットを開発することは不可能と言えるでしょう。逆に、簡単に操作できそうだからといって、業務を特定したテンプレートスタイルのツールを選択したとしても、会社に合わないようなものであれば効果は期待できないのではないでしょうか。運用や管理に関しての注意点というのは、業務がブラックボックス化してしまわないように管理して行くことと言えるでしょう。導入したい業務を担当する部門がロボットを管理するといった場合には、業務遂行を第一目的としてロボット開発を進めてしまうと、管理という点において統制が取れなくなってしまう危険性があるでしょう。ロボット開発は、計画的に、管理のことも考えた上で行うようにすることが大切でしょう。異動などで、RPA導入時にいた人がいなくなってしまったり、外部に開発を丸投げしてしまったりするのも避けたい状況と言えるでしょう。 RPAの導入に際しては、今後の会社の展開なども視野に入れつつ考慮するべきであると言えるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*