お客様に喜んで頂くために

皆さんは、コンビニエンスストアなどで、アルバイトをしたことはありますか?コンビニエンスストアのレジなどでは、レジの入力項目に、お客様の性別や年代を入力するボタンがあり、それに伴い、実際に、購入した商品などとのデータを活かした上での商品開発などが行われているようです。このような過去の販売データなどが、蓄積されることによって、ユーザーたちの行動パターンや、人物像などを読み取ることが、マーケティングに繋がり、現代に必要なスタイルとしてのコンビニエンスストアが出現しているとも考えられます。 Web サイト運営にも、このような形で、ターゲットとなるユーザーたちの詳細データを数値化することで、様々なニーズや、行動パターンが読み取れてくるでしょう。実際に、皆さんが、運営されている Web サイト上でも、このような形で、リサーチが行われているのではないかと思われますが、なによりもこのような数値やデータを生かすことができる運営側ではならないでしょう。いくら、綿密な SEO 対策を行ったとしても、実際に、このような形でターゲットユーザー達のニーズに応えることが出来ないのであれば、コンバージョンの成果達成にはつながらないのです。 ですから、ウェブサイト上に残された、ユーザー達のアクセスログデータなどは、すべて収集しただけで完了ではなく、そこから運営側なりに、解析・分析を行い、さらなる成果につながるような考えを生み出していきましょう。 Web サイトの運営や新しいコンテンツ制作が、このようなお客様の詳細データから生み出され、またお客様に喜んでいただけることが何よりも重要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*