見出しタグ

長い文章が延々と続くページというのは非常に読みづらいものと言えるでしょう。これは、検索エンジンにとっても同様で、文章を明確に読みやすくするために「見出しタグ」を使用するべきと言えるでしょう。見出しタグには6種類あり、後世に合わせて使用するようです。
< h1 >から< h6 >まである見出しタグの中で、一番レベルの高いものと言えるのが< h1 >タグでしょう。これは、検索エンジンがウェブページの内容を理解するために、とても重要になるタグと言えるでしょう。
< h1 >タグは別名「大見出し」とも呼ばれており、サイトの内容を検索エンジンや、訪ずれた検索ユーザーに対して、適切に伝えるといった働きを持っていると言えるでしょう。HTML5の場合、< h1 >を何度も使用することは認められているようですが、検索エンジンによっては、< h1 >タグが複数あるということに対し、どの< h1 >要素がそもそも重要であると考えられているのかということが判断できず、大見出しとしての重要度や価値が低くなってしまうとも考えられているようです。そのため、できるだけ< h1 >タグというのは1つのページにつき1つとなるよう気を付けなければならないとも言えるでしょう。
< h2 >以降のタグに関しては、どれだけ使用しでも問題はないと言えますが、ページ内のコンテンツの階層を意識し、適切に使用できるよう考えておくとよいのではないでしょうか。