SEOから見たmeta keywordsタグ

SEO対策として、昔は必ずと言っていいほど挙がっていた「meta keywordsタグ」ですが、現在では設定するべきかしないべきかという議論が飛び交うほど、必要性を疑われていると言えるでしょう。ウェブサイトを制作し、運営するといった方々の間では、結果的に考えると、してもいいし、しなくてもいいといった曖昧な扱いになりつつあるようです。しかし、こんなに曖昧な存在なのであれば、別段設定しなくても良いと考えられるのではないでしょうか。事実、大手の検索エンジンでは現在はこのタグをサポートしておらず、今後もこの夕グを評価基準として使用する可能性がないに等しいと考えられているからでしょう。HTMLの記述というものは、現在ではできるだけ簡潔でシンプルであることが望ましいと言われているようです。余分なコードを削除することによって、実は読み込みというのも少しだけ速くなるとも言われています。また、meta keywordsタグに注力キーワードを設定してしまうことによって、競合にSEO重点キーワードを露呈してしまうといったことにも繋がるでしょう。そもそもmeta keywordsタグを何にしようと考えているだけ、時間の無駄と言えるのも否定できません。現代におけるSEOの視点から考えると、記述することの価値は見出せないと言えるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*