SEOのキーワードを選ぶヒントは「具体的」

SEOにおいて1番大切とも言えるのが、キーワード選び。

 

おそらくサイトを作ったり記事を書こうとする段階で、「どういったジャンルのキーワードが欲しいか」という点については大まかに絞れているのではないかと思います。

ここからは、ある程度絞ったジャンルの言葉の中から、より人が集まりやすい「効果的なキーワード」を選ぶためのヒントをご紹介しましょう。

 

効果的なキーワードは1つとは限りません。検索にはいろいろなアプローチの仕方があることから、それに合わせて効果的なキーワードも複数存在しているとみるのが自然です。

その中の1つを選ぶ方法として考えられるのが、「なるべく具体的なキーワードを考えてみる」ということです。

 

抽象的な言葉をキーワードとして選んだ場合、その言葉から連想されるものが非常に多く存在していることとなります。それに比例するように、その言葉をキーワードとしているホームページやブログなども多く存在する結果となりやすいことから、検索結果の上位に自分のサイトを表示させるのは難しくなってしまうのです。

 

反対に具体的な言葉をキーワードとして選んだ場合、その言葉から連想されるものは、似たような抽象的ワードよりも少なくなります。よってその言葉をキーワードとしているホームページやブログなども少ない可能性が高いことから、検索結果の上位に自分のサイトを表示させやすくなるのです。

デメリットとしては、具体的な言葉はそのぶん、検索される回数自体が少ない可能性が高いこと。

状況に応じて使い分けていくとよいでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*