サブページのSEO

一般的にはトップペ ジの上位表示を目指した方が有利です。
それはサイトの顔はあくまでトップページであり、ここがすべての入り口だから
です。現実としてヤフ 一、グーグルともにトップページの方が上位表示しやすくなっ ています。
ただし、トップページの上位表示を目指すためにはトップページだけの施策を行
えばいい、というものではありません。特にヤフーではトップページを評価するに
当たり、サブページ全体を評価して行う傾向が強くなってきました。ですからサブ
ページの施策も必要です。
またサブページの最適化を行うことによって、そのページテーマでのキーワード の上位表示も可能になってくるので、手を抜かずにきっちり行いましょう。
“サブページはトップページに関連するが厳密にはそれぞれ固有の内容”といった
ページが多いと、サイト全体がトップページキーワー ドに関するさまざまな内容が
充実しているサイトとなり、検索エンジンの評価も高くなります。
しかもサブページ自体をそのキーワードで上位表示させることも狙えます。

ただ最近のヤフーでは、サイトの中に沢山の複製ページを生成すると、スパム判定をするようになってきました。サイトのボリュ ームが多い方がいいのは間違いないのですが、ボリューム を増やそうとするあまり、多くのページに共通する文章をそのまま載せてはいけません。 ではどれぐらいの程度だと問題になるのかというと、多分に感覚的なものでいうしかありませんが、だいたい次のような場合は気をつける必要があります。

・ページの2/3が同じ内容のページが数ページ以上 ・ページの1/3 が同じ内容のページが10 ページ以上

運営者自身が気付かず行っている場合もあるので、気をつけましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*