内部対策とソースコードの関係

すでに、外部と内部の施策があることはご説明しました。また、最近の傾向として内部対策の評価基準が徐々に高くなってきていることもお伝えしました。

内部対策とは、具体的に言うと、ホームページそのものを修正する施策です。それは、タグの中にあるキーワードの調整だけでなく、ソースコードそのものを修正することです。

仮に、タグの中にセオリ一通りにキーワードを詰め込んでも、ソースコードの使い方を間違えてしまうと、うまく活かすことができない場合があります。

ソースコードがマイナスに作用する3大要因として、次のようなものがあります。

  1. 使用するタグの数によるもの
  2. 使用するタグの位置(場所)によるもの
  3. 使用するタグの誤った使用方法によるもの

この3つのマイナス要因に該当するサイトは、検索エンジンからの評価が下がり、結果的に順位を下げる結果になることもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*