SEO対策の指しているもの

ユーザーが求めている情報を、すばやく的確に(できるだけ短いステップで)、ユーザーに提供するためです。ユーザーの求める情報を的確・適切に掲載しているサイトを、できるだけ上位に表示して短いステッフでアクセスできるようにして、ユーザーの利便性を向上させる。これこそが検索エンジンにおける順位付けの考え方なのです。大切なので強調しておきますが、検索エンジンの順位付けの根本は、検索エンジン 会社のエゴでも資本の都合でもありま せん。あくまで、もユーザー視点、に立った、情報検索の利便性の向上にあるのです。SEO 対策とは、一体何を指しているのでしょうか? サイトの文言やキーワードを書き直すことでしょうか。 HTML のタグを適正化することでしょうか。他人のサイトからたくさんリンクをもらう(被リンクの獲得)ことなのでしょうか。これらは決して間違いではありません。しかし、ここまでの内容を理解したならば、もう少し本質的な解答が浮かぶのではないでしょうか。そう、「ユーザーの求める情報を読みやすく、わかりやすく提供すること」です。とてもシンプルで、誰にでもすぐ分かりそうな答えです。しかし、

細かいテクニックにばかり気を取られ、本質が見えなくなっている人にはこれが思いつかないはずです。 この本質を把握していないと、昨今多く見られる悪質な SEO 対策業者などにクローラがどうの、アルゴリズムがどうのと小難しく 理解不能な技術的な話をされ、ほとんど効果がないSEO 対策に対して、わけもわからぬまま高額な料金を支払うことになります。 逆に技術的な話がわからなくとも、「この SEO 対策は、本当にユーザーへの情報提供に役立つのか ?という視点をきちんと持ってい れば、業者が提案していることがSEO 的に正しいことか否かを自身で判断できるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*